トップメッセージ

人と地域のベストパートナー。
この地域に無くてはならない会社でありたい。

少子高齢化、AI、IoT、パラダイムシフト、などなどのキーワードと共に時代は大きく変わろうとしている。
昭和27年会社設立以来65年、この間にも大きな変化があった。
今なお事業を続けていられるのもこの変化に対応してきたからである。
しかしこれからの変化は今まで経験したことのないスピードで革命的に、劇的なものとなる。
これからの5年、10年の間に、いかに劇的な変化に対応していけるかが企業存続のカギとなる。
一方、変えてはいけないものがある。それは「経営理念 ONLY ONE」に貫かれている精神である。
「経営理念 ONLY ONE」では3つの満足の追及を謳っている。

  1. お客様満足
    「お客様にいただいたお金でわれわれは生活ができている」ことを肝に銘じ更なる満足を追求する。
  2. パートナー満足
    社員、アルバイト、パート、派遣社員、そしてわれわれの事業を支えていただいている仕入先、金融機関などのあらゆるビジネスパートナーの皆様に満足していただける関係を築いていくこと。
  3. 地域社会との調和
    あの会社が地元にあって良かったと地域の皆様に思ってもらえる会社になる。

この3つの満足を同時に満たすところに我々の存在価値がある。

この「経営理念 ONLY ONE」の精神を守りながら新たな時代に向けて進化していきたいと思います。

地域に無くてはならない会社。
人と地域のベストパートナーであるために。

平成29年11月
富士商グループホールディングス株式会社
代表取締役社長 藤田敏彦

error: 当社のコンテンツは保護されています